15時ころに。

気分は15時。昼でも夕方でもなく、どこか宙ぶらりん。。そんな気分を転換するために立ち上げたブログです。

Canon PowerShot SX720 HSの960mm相当ズームで旭岳山頂を撮ってみた。光学40倍、広角から超望遠まで!これはお得にたっぷり楽しめます。

      2018/08/07

Pocket
LINEで送る

旭岳・夫婦池付近にて

旭岳・夫婦池付近にて
Canon PowerShot SX720 HS Pモード・ISO 80・F 4・SS 1/320

こんにちは!

先日訪れた大雪山・旭岳で紅葉のほかにもうひとつ、とても楽しかったのが、うっかり?購入してしまったCanon PowerShot SX720 HSでした。

» Canon PowerShot SX720 HSを「購入してしまった経緯」はこちらの記事を…

光学40倍の威力、35mm換算で960mmという超望遠の破壊力!?には驚きです。そしてワイド側24mm相当では、想像していた以上に美しい写真が〝撮れてしまった〟のでした。コンデジ恐るべし!

気軽で手軽すぎてクセになりそうです、Canon PowerShot SX720 HS

Canon PowerShot SX720 HSを開封しました!

Canon PowerShot SX720 HS、思っていた以上に楽しめるカメラだと判明。

気軽さや手軽さではスマホが上ではありますが、写真撮影専用ツールである〝コンデジ〟を、決して侮ってはいけないと痛感。気軽さ、手軽さに加えて、画像の美しさも手に入れられてしまいます。

さらにCanon PowerShot SX720 HSには、35mm換算で24mmから960mm相当、光学40倍という驚愕のズームが備わっています。

その960mmの超望遠側、すごく楽しめます!

また、ワイド(24mm)側ではすっきりシャープな仕上がりと、少し「盛った感」は感じられますが、発色がキレイです。何より、スマホ写真では得難い抜けの良さが気持ち良いです。

旭岳ロープウェイ「姿見駅」テラスから旭岳を望むと…

姿見駅周辺の散策を終えて、ロープウェイ駅まで戻ったところでCanon PowerShot SX720 HSで〝実験〟です。

散策中は、いつもの愛機Canon EOS 7D(古いほう)+ Canon EF-S24mm F2.8STMの組み合わせ、ときどきEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMというスタイルで歩いていました。

2016年9月19日、旭岳姿見駅周辺の散策路で7Dを持ち歩きながらCanon PowerShot SX720 HSを構える〝妙な姿〟を見かけた方がもしいらっしゃったなら、それはジブンです!

ワイド側、24mm相当ではキレと発色の良い写真が〝撮れて〟しまう!

大雪山旭岳ロープウェイ「姿見駅」より旭岳山頂を望む

大雪山旭岳ロープウェイ「姿見駅」より旭岳山頂を望む
Canon PowerShot SX720 HS Pモード・ISO 80・F 4・SS 1/640

旭岳ロープウェイ「姿見駅」のテラスから、旭岳山頂方向を望んだ風景です。焦点距離はワイド側いっぱいの24mm相当です。

雲の白の階調や青空から、手前のハイマツの濃い色まで、ここまでキレイに撮れてしまうとは! 設定は「P」のプログラムモードです。

拡大してみると、さすがにコンデジっぽさを感じてしまいますが、そこまで求めるなら「ミラーレス」の出番かと。

面白いと思ったのは、画像をめいっぱい拡大してみたときに、特に暗部が「油絵」のような風合いに見えることです。自然に破綻なく見えるように処理する工夫なのでしょうか? そしてこういうフィルター、フォトショップにあったかも。

スマホで撮られたボロボロの提供画像を「何とかしなければならない…」といった仕事の場面に役立ちそうな発見でした!

山頂に人影が見えたので、ちょっとテレ(望遠)側へズーム!

旭岳山頂を200mm相当のズームで!

旭岳山頂を200mm相当のズームで!
Canon PowerShot SX720 HS Pモード・ISO 80・F 5.6・SS 1/320

焦点距離は、計算してみると35mm換算で200mmとちょっと。かなりいいかげん(ルーズ)な手持ちで撮りました。「手ぶれ補正」の効きはばっちりです!

ここでもやはり、暗い部分から明るい部分まで、しっかりキレイに写っていました。当たり前ですが、「Pモード」とても賢いです。

この写真、7Dを使ってジブンの〝ウデ〟だけで再現するとなると、数枚は試し撮りしないと設定を決められないです、たぶん。そして「雲のハイライトの階調は諦めよう…」などと妥協することになるのではないかと。

そして驚愕の960mm! ポケットに収まる超望遠の世界!!

旭岳ロープウェイ「姿見駅」から山頂部分をさらにズーム!

旭岳ロープウェイ「姿見駅」から山頂部分をさらにズーム! 驚愕の960mm相当の〝破壊力〟はスゴイです!
Canon PowerShot SX720 HS Pモード・ISO 80・F 6.9・SS 1/200

実は、時系列的には上記の200mm相当とは逆だったのですが、旭岳山頂の人影にめいっぱいズームしてみました。焦点距離は、35mm換算で960mmという超望遠の世界です。

さすがに960mm相当ともなると、撮りたい場所に狙いを定めて安定させるのに苦労しましたが、手持ちです。

三脚を用意して、さらには念入りに手ぶれ補正をOFFにして撮れば、もっとシャープにブレなく撮れるはずです。

う〜ん、このままいくと次は、コンデジ用の三脚を買うことになるのでしょうか…?

また、「ドットサイト(照準器)も必要なのでは?」「でも、SX720 HSには三脚用のネジ穴しか無いぞ!」「アームを付けるか?」などと〝アホさ度合い〟が増しつつあったりするジブンが信じられなくなってきました…。

» 「ドットサイト」とは、たとえばこんな感じ。野鳥、飛行機撮影の必需品です。

太陽をフレームに入れたらどうなる…!?

傾きかけた太陽をフレームに入れたらどうなるのか…!?

傾きかけた太陽をフレームに入れたらどうなるのか…!?
Canon PowerShot SX720 HS AEモード・ISO 80・F 3.5・SS 1/1250

太陽をフレームに入れた写真を撮ったらどうなるのか…!?

カメラを傷める恐れがあるので、やってはいけないことの一つとされていたりしますが、わりとこういう写真はキライではないので、これまた実験してみたくなったのでした。

その結果、案外ふつうに撮れてしまうことがわかりました。スゴイなぁ…!

恐るべしコンデジ!

Pocket
LINEで送る

 - カメラ・機材

Adsense_1

Adsense_1

  関連記事

Canon EF-S24mm F2.8 STM
「Canon EF-S24mm F2.8 STM」を迷った末に購入。ついでに、スタイル・コスパに優れたNikon HN-3フードがぴったり!これはおすすめです!!

こんにちは。 またも更新が滞ってしまいましたが、ようやく落ち着いて記事を書くこと …

樽前ガロー「苔のカーテン」
何の撮影準備もせずに樽前ガロー。NDフィルター、三脚くらい持っておけよ!と。

皆さまこんにちは! 2015年海の日絡みの連休最終日、ドライブがてら「樽前ガロー …

DeLOCK_CFカードアダプター
既に2年以上、EOS 7DでこのDeLOCKの変換アダプターを使い続けています。今のところノートラブルです。

こんにちは! Canon EOS 7D(1)を愛用しているジブンですが、ちょっぴ …

Canon EF-S24mm F2.8 STM
「Canon EF-S24mm F2.8 STM」ってどう?

とっても久々の更新になってしまいましたが…、こんにちわ! とっても慌ただしく過ぎ …

ハシブトガラ?コガラ??さんも花見です
桜開花予想2016@札幌(北海道)

こんにちは! 今日の札幌は雨模様とはいかないまでも、どんよりとした重たい空。気分 …

Canon PowerShot SX720 HS-ブラックというよりはダークグレイ
コンデジCanon PowerShot SX720 HSを購入しました。(…してしまいました。)

こんにちは。 何を血迷った!?のか、Canon PowerShot SX720 …

紅葉の見頃を迎えた大雪山・旭岳です。
大雪山・旭岳を出発点に紅葉最盛期に突入! 2016台風被害の影響はまだ残るものの、この秋は北海道旅行が狙い目かもしれません。

こんにちは! 今年(2016年)は、台風被害情報に心が痛みます。今週も、台風16 …

枝をくわえた子育て中のカラスさん
向かってくるカラスにびっくり!親指を離さなければ、おもしろい写真が撮れたのかも。。

こんにちは! 今日は、最近では貴重な、ゆとりある月曜日でした。 そんな予感?があ …

春めく札幌-3
春めく札幌をスナップ、Canon SX720 HSにて。

こんにちは。 ずっとまともに書いてなかったので、ちゃんと「Canon EF-S2 …

カメラ機材用のキャリーカート
カメラ機材の持ち運びにキャリーカートを導入して3ヵ月。振動による影響は今のところ感じません。【追記あり】

こんにちは! 15時を回ってしまっていますが、久々に更新です!(「15時に更新」 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です