15時ころに。

気分は15時。昼でも夕方でもなく、どこか宙ぶらりん。。そんな気分を転換するために立ち上げたブログです。

カメラ機材持ち運び用キャリーカート、カメラバッグを買い替えたらもっと便利になりました。

      2018/08/01

Pocket
LINEで送る

こんにちは!

以前に書いた「カメラ機材の持ち運びにキャリーカートを導入して3ヵ月。振動による影響は今のところ感じません。」という記事の続編です。

というのも、記事執筆当時から運用方法が少しずつ進化?しているからです。最も変わった点は、2015年2月のことですが、キャリーカートとともに使っているカメラバッグを買い替えたことです。今回はこの辺りを中心に記事にしてみようと思います。

買い替えたカメラバッグは、Vanguard The Heralder 38(ヴァンガード・ヘラルダー・38)という、けっこう大型のカメラバッグです。1、2ヵ月ほど前、なんだか広告などの露出が多かったような気がしますので、ご存じの方多い製品かもしれませんね。

大型ではありますが、買い替え後半年以上が経過し、今となっては、無くてはならないカメラバッグとなっています。

キャリーカートにVanguard The Heralder 38をセットして快適・便利に使っています。

キャリーカートにVanguard The Heralder 38をセットして快適・便利に使っています。

キャリーカートはもちろん、出張旅行用のトローリーにも載せて固定できるVanguard The Heralder 38!

これまではロープロ「ステルスリポーター」というカメラバッグを使用していました。名前に「AW(All Weather)」と付いていたシリーズですので、レインカバー付きです。ざっくり、いろんなものを文字通り「突っ込むことができる」ので、大変重宝していました。1、2泊程度の出張であれば、替えの下着類なども難なく収まるほどの懐の深さ、融通が利くところがチャームポイント?でした。

カメラ機材用のキャリーカート

これまではカメラ機材用のキャリーカートに、ロープロのカメラバッグ(下段は動画機材が収まっている、今は販売されていない?モンベルのカメラバッグです)でした。

しかしこのバッグも、10数年に渡る使用により、各部のヘタリと傷みがごまかせないほどになってきていました。特に底部やサイド部のクッション素材のヘタリは、持ち運ぶ機材への影響が大きいだけに深刻でした。。

ロープロのクッション素材については、もともとそれほど厚みがなかったせいもあると思います。が、10年以上使いましたので、それなりにヘタったというべきなのでしょうね。

Vanguard The Heralder 38を選んだ理由

長らく使い続けたロープロから買い替えたカメラバッグは、Vanguard The Heralder 38(ヴァンガード・ヘラルダー38)という、けっこう大型のショルダータイプのカメラバッグです。

Vanguard The Heralder 38(ヴァンガード・ヘラルダー38)

Vanguard The Heralder 38(ヴァンガード・ヘラルダー38)は大型バッグです。このくらいの機材にEOS 7Dの本体1台なら余裕です。しかし、調子に乗って詰め込みすぎると、重すぎて持ち上げられなくなってしまいそうですので、ほどほどにしておくべきでしょう。

このバッグを選んだ理由は、第一に、愛用のCanon EOS 7D(Ⅰ)に、SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMという大きめ(長め)レンズを装着したまま収納できること。

加えて、愛用のキャリーカートはもちろん、2泊以上になる出張旅行時に持ち出すことが多い旅行用トローリーにも搭載しやすいことでした。Vanguard The Heralder 38に備えられているキャリーカート(トローリー)用スリーブは、すごく便利です!

このスリーブのお陰で、キャリーカートで運搬・移動中に、バッグがずり落ちそうになることが全く無くなりました。これまではカートに付属のフック付きゴムバンドで固定していましたが、時々点検してあげないと不安だったので大助かりです。スリーブ+フック付きゴムバンドで、より安心して運搬できるようになりました。

キャリーカートや旅行用トローリーのハンドルに通して運ぶことができるスリーブ、とてもありがたい機能です。

キャリーカートや旅行用トローリーのハンドルに通して運ぶことができるスリーブ、とてもありがたい機能です。このバッグを選んだポイントの一つです。

長めのレンズを装着したまま、タテに収められるのは非常にありがたいです!

活躍の機会はそう多くはありませんが、70-200mm F2.8といった長めのレンズを装着して移動する場合、これまではカメラバッグに収めるために、移動のたびにレンズをはずして(交換して)いました。ロープロのステルスリポーターでは、タテには収められなかったからです。

EOS 7Dに70-200mm F2.8を装着したままタテに収納

短時間の移動時に、EOS 7Dに70-200mm F2.8を装着したままタテに収納したかったのです。ギリギリ収まる感じですが、とても便利です!

横にすることで収められる寸法はありましたが、現実的にはそのスペースはありませんでした。「ありませんでした」というよりは「用意できませんでした」というほうが正確ですね。

移動が発生するたびにいちいち、非常に面倒ですよね…。少なくともジブンは、面倒だと感じずにはいられませんでした。

徹底的に収納部の「高さ」にこだわってみたところ、Vanguard The Heralder 38を発見

収納部(内寸)30cm近い高さを備えたカメラバッグ、意外と数が少なかったです。ようやく見つけたのが、このVanguard The Heralder 38(ヴァンガード・ヘラルダー 38)だったのでした。

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMを収めると

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMレンズ単体だとこのくらいの収まり具合です。

そこで思いがけず、さらなる便利機能が付いていることに気がつきました。それが、キャリーカートや旅行用トローリーバッグに固定できるスリーブの存在でした。正直そこまでは期待していませんでしたので、この機能が付いていることを知ったときはすごくうれしかったです!

キャリーカートなしでも、数泊の出張旅行がとても楽になりました!

まさに、スリーブさまさま、Vanguard The Heralder 38さまさま…といったところです。

ただし、カメラ機材を収めたバッグはかなりの重量がありますので、きゃしゃなトローリーだと問題が発生するかもしれません。この点だけは、事前の確認をすべきかもしれません。

パソコン用の取り外し可能なクッションケースも付いています。

パソコン用の取り外し可能なクッションケースも付いています。写真は、Mac Book Air 11インチです。15インチまで収納可能!

まとめ

  • キャリーカートだけでなく、旅行用トローリーと併用したいと考えている
  • 長めのレンズを装着したままタテに収納したいと考えている
  • カメラ機材に加え、ほかの荷物(PCなど)も一緒に持ち運ぶ機会が多い

そんな方にうってつけのカメラバッグだと思います。

もちろん、キャリーカートと一緒に活用することで、快適な移動、カメラライフを送ることができることは間違いありません。

ほかの部分を写真にて。

バッグ本体の上ぶたのファスナーで、ガバッとフタを開くことができます。機材の取り出しに便利です。

上ぶたのファスナーをガバッと開くことができ、機材を取り出せます。

このような小物収納ポーチが付属しています。おまけとしては実用的です。ジブンはICレコーダー用にしました。

このような小物収納ポーチが付属しています。

もちろんレインカバー付属です。このファスナーを開けるとカバーを引き出すことができます。

もちろんレインカバー付属です。

もう一つ、このバッグ(Vanguard The Heralder)特有?の機能として、「ハンモック式三脚ホルダー」があります。写真は、オフィシャルサイトから拝借…。「後で写真撮ろう」と思っていて忘れてました。。

三脚ホルダーも付いてます!

キャリーカートにつきましては、よろしければこちらの記事も併せてどうぞ!

Pocket
LINEで送る

 - カメラ・機材

Adsense_1

Adsense_1

  関連記事

Canon 1D X
CanonかNikonか!?

こんにちは。 今回はどうでも良い話題というか…。 「どっちを買うべきか?」といっ …

Canon EF-S24mm F2.8 STM
「Canon EF-S24mm F2.8 STM」ってどう?

とっても久々の更新になってしまいましたが…、こんにちわ! とっても慌ただしく過ぎ …

花や桜の季節が待ち遠しい北海道。EF-S 24mm F2.8 STMで桜をきれいに撮りたい!

こんにちは。 上の下手っぴな写真は、EF-S 24mm F2.8 STMの写真で …

樽前ガロー「苔のカーテン」
何の撮影準備もせずに樽前ガロー。NDフィルター、三脚くらい持っておけよ!と。

皆さまこんにちは! 2015年海の日絡みの連休最終日、ドライブがてら「樽前ガロー …

Canon EF-S24mm F2.8 STM + Nikon HN-3フード + C-PL(円偏光)フィルター
C-PLフィルターのこんな取り付け方を試してみました。

こんにちは! 雲ひとつない青空が広がったものの、空気はひんやり。吹く風に肌寒さを …

皆既月食2014/10/08
北海道では待ち遠しい桜。その前に皆既月食。撮影のポイントおさらいしておきます。

2015年の桜、関東あたりはもう終盤でしょうか? まだまだ堅いつぼみの北海道・札 …

HN-3フードとフィルターを一緒に外す力わざ
外れなくなってしまったプロテクトフィルター、HN-3フードを使って外せた!

こんにちは! 明日(2016年5月3日)からの出張+プライベート旅行の準備中でし …

白一色。「高輝度側・階調優先」設定を活かす方法を探る!
EOS 7D(MkⅠ)で「高輝度側・階調優先」設定が可能だった件。

こんにちは! そして、松の内も過ぎた頃ではありますが、遅ればせながら明けましてお …

皆既月食2014/10/08
2014/10/08の皆既月食をEOS 7Dで撮ってみました。

目次1 人生初の皆既月食撮影1.1 使用機材と設定1.2 どうしたら月をキレイに …

紅葉の見頃を迎えた大雪山・旭岳です。
大雪山・旭岳を出発点に紅葉最盛期に突入! 2016台風被害の影響はまだ残るものの、この秋は北海道旅行が狙い目かもしれません。

こんにちは! 今年(2016年)は、台風被害情報に心が痛みます。今週も、台風16 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です