無謀にも夜の秋桜(コスモス)写真を撮影。Canon EF-S 24mm F2.8にて。

夜の秋桜(コスモス)写真を撮影。Canon EF-S 24mm F2.8にて-01

夜の秋桜(コスモス)写真を撮影。Canon EF-S 24mm F2.8にて

こんにちは!

我ながら「無茶をするもんだ」と思いつつも、Canon EF-S 24mm F2.8にて、夜の街灯下で秋桜(コスモス)を撮影してみました。ジブン的にはある意味、「実験撮影」&「実験写真」です。

Canon EF-S 24mm F2.8は、その名の通り!?開放F値2.8の便利・重宝かつリーズナブルに入手できる単焦点レンズ、いわゆる「撒き餌レンズ」と言われるラインナップの一種です。「撒き餌」とは言葉が悪すぎるとは思いますが、たぶんこのレンズを手に入れてしまったが最後w、生涯をかけて(…少々大げさですが)「大三元レンズ道」を歩むほか無くなるのではないかと思います。それゆえ「撒き餌」と言われてしまうのですね。

そのような「ダークサイド」に一人でも多くの皆さまを道連れにしたく、今後Canon EF-S 24mm F2.8を使って、いろいろと撮影例をご提示させていただこうと目論んでいます。まぁ、どうか撮影の腕(技術)のことはさて置いてご覧いただければと。

Canon EF-S 24mm F2.8レンズに関しましては、これまでに次のような記事も投稿させていただいております。

Canon EF-S 24mm F2.8の限界は何・どこなのだろう…!?

Canon EOS 7D(古いほう)でISO 6400まで上げて撮影しましたが、これならけっこういけます!手ぶれと光量不足、ISO感度アップによるザラザラ感(ノイズ)で「まともな写真は撮れないだろう…」と半ばやけくそ気味のチャレンジでしたが、良い意味で裏切られました。

今回被写体に選んだ秋桜(コスモス)は、終始それほど明るくはない街灯の下で微風に揺れ続けていました。ジブンとカメラは、そこそこ止められていたと思います。…が、下記の撮影例には、風に揺れたことによる被写体ブレとピンボケが多発しております。何卒ご容赦ください。

撮影環境的には、何と言っても光量不足です。しかし、Canon EF-S 24mm F2.8の明るさと街灯の薄明かりを頼りに、ISO感度を上げてここまで撮ることができました。

ここまで撮れるとは、全く考えていませんでした。

正直、もっと「大変な思い」をすると思っていたのですが、案外サクッと撮影を済ませることができてしまったところに、Canon EF-S 24mm F2.8のポテンシャルというか、ありがた味を感じずにはいられません。F2.8という明るさと、9cmまで寄れるスペックさまさまです。

Canon EF-S 24mm F2.8って、改めて、ホントに素晴らしいレンズだと思います。すっかり「撒き餌」というか、Canonさんの「甘いわな」に捕捉されております。

さて、次は何を撮ってみましょうか!?

Canon EF-S 24mm F2.8、夜の撮影例【秋桜(コスモス)編】

夜の秋桜(コスモス)写真を撮影。Canon EF-S 24mm F2.8にて-01

夜の秋桜(コスモス)写真を撮影。Canon EF-S 24mm F2.8にて-04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です