2020年5月7日は満月。ベランダや窓から「満月撮影」に挑戦してみませんか!? デジイチ、コンデジ、ビデオ、スマホでも!

2019「中秋の名月」

こんにちは。

本日(2020/05/07)は「満月」です。全国的に、お天気も良さそうではないですか! これは「満月撮影」日よりです。

デジイチ、コンデジ、ミラーレスなら、明るく輝く「満月撮影」に三脚は必要ありませんし、望遠レンズ、望遠ズーム機能があれば、案外簡単に撮れちゃいます!

ですが、まだまだ〝外出自粛〟が必要とされている折ゆえ、皆さま、今夜ご一緒にベランダや窓から「満月撮影」または「お月見」なんて、いかがですか?

札幌の場合、日没後はまだまだ肌寒いのですが、缶ビールとつまみ片手に… なんていうのもありですよね!

三脚不要、手持ちで撮れます! 望遠レンズ(望遠ズームレンズ)さえあれば「満月撮影」は意外と簡単

なんて勢い良く書き始めてみましたが、久々の「カメラ、写真関連の記事」&「満月撮影」です。新型コロナウイルス感染拡大以来、ここ2ヵ月以上まともに撮影にも出掛けられず、カメラ扱いが鈍り気味かもしれません。。

そこで今夜に備え、「満月撮影」の予習・復習をしておこうと思います。

2019「中秋の名月」三脚なしで満月の写真を撮る! 2019「中秋の名月」を手持ちで撮影してみました。

今回の記事、「満月撮影」に用いるのは、デジイチまたはコンデジです。余力があれば、スマホでも! という流れです。

【1】「月の出」と最も高い高度に月が達する「南中時刻」「南中高度」を確認

何はさておき、今夜の月が出る方角と「月の出」の時刻、そして「南中時刻」と「南中高度(仰角)」を確認です。

「月撮影」でいつもジブンが頼っているのは、国立天文台「暦計算室/今日のほしぞら」というページです。

夜空や天体情報には、もっとスマートに楽しめるアプリがあったりしますよね! そっちの方が使って楽しいことは間違いないのですが、なんていうか、これはジブンの〝習慣〟というか〝クセ〟のようなものだと思います。

MEMO
国立天文台「暦計算室/今日のほしぞら」
https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

国立天文台「今日のほしぞら」スクリーンショット

画像は、国立天文台「暦計算室/今日のほしぞら」のページ。今夜(2020/05/07)の満月が、21時に見える方角と角度(仰角)を表したページのスクリーンショットです。

2020/05/07の満月は、21時には南東の方角、およそ仰角20度前後の先にあることがわかります。窓やベランダのすぐ先に「高い建物」があると厳しい仰角かもしれません。

南中時刻は23時44分とのことです。視界さえ得られる状況でしたら、20時〜21時頃にかけて「お子さまとご一緒に」なんていう楽しみ方もできそうではないでしょうか!?

仕事で「ちゃんとした記事 (^^;」を書いたりすることも多いので、公的機関発の情報や一次情報、論文などを探したくなるという…。ある意味、職業病ともいえますね。。

【2】カメラの設定はこんな感じです

カメラは、次のように設定すると「満月撮影」にはバッチリです。

「マニュアルでISO感度、絞り(F値)、シャッタースピード(SやSS)設定ができること」が前提です。

難しそうに感じるかもしれませんが、受験の公式や念仏のように「暗記」してしまえば、応用力がアップするのではないかと思っています!

「満月撮影」のカメラ設定
このパラメーターを出発点に、写り具合や実現させたい表現に応じて、「数値をあれこれしてみる」のは楽しいものです。 ぜひお試しください!

◆レンズ
キットレンズの望遠ズームで充分撮れます。200mm以上とか300mmとか、欲を言えばキリがなくなります。まずは、お手もとにあるレンズで楽しみましょう!

◆【カメラ設定】ISO感度|絞り(F値)|シャッタースピード(SS)
ISO 400|F 8.0|SS 1/800〜1/400
ISO 800|F 8.0|SS 1/800

大体このあたりを出発点にすると、満月の表面に見える大きなクレーター(月のウサギさん)まで捉えられます!

あとは、「もっと月を光らせたい」とか、「ノイズを少なくしたい」「後工程でクレーターの陰影を強調できるようにしておきたい」などといった目的別に、ISO感度やF値、SSを調整すると、より楽しめることと思います。

スマホで「満月撮影」にチャレンジするなら

スマホでの「満月撮影」は、ジブン的には〝未体験ゾーン〟です。ゆえに、確かなことは述べられず。。

ただ、スマホに備わっているデフォルトのカメラ(アプリ)では「F値やSSのマニュアル設定」は至難。なので、別途の「カメラアプリ」が必要でしょう。「満月撮影」に欲しいのは、ISO感度やF値、SSをいじることができるアプリです!

ここは、以後の課題として取り組んでいこうと思います。

ビデオ(動画)でも「満月」を撮ってみようと思います!

ヒマ…というわけではないのですがww、せっかくなので今夜は、動画撮影にもチャレンジしてみようと思っています。

Canon XA20、SONY HDR-PJ760、Canon PowerShot SX720 HSでも「満月撮影」に挑んでみようと

使用予定の動画機材は、少々古くなりつつある機種ではありますが、愛用中の「Canon XA20」と「SONY HDR-PJ760」をチョイスしようと思います。

そして、「満月の動画撮影」については、目いっぱいの望遠で撮りたいので手持ちではなく、三脚に頼ろうと。

ついでに、コンデジを使った「写真」と「動画」にもチャレンジしてみようかなぁ…!

コンデジの機種は「Canon PowerShot SX720 HS」。これも、望遠目いっぱい(960mm相当)で撮ったら「どんな感じになるのか?」が気になります。こちらも三脚に頼ることにします。

旭岳山頂を200mm相当のズームで!Canon PowerShot SX720 HSの960mmに相当する超望遠ズームの迫力!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です