科学的には正しいけど、実生活には役立てられない「ハウツー本」が面白すぎる!

ハウ・トゥー バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

こんにちは!

アメリカ版実生活バージョンの『空想科学読本』とでもいうべき、ハウ・トゥー バカバカしくて役に立たない暮らしの科学(ランドール・マンロー/著・早川書房/刊)が楽しめます。

科学的根拠はありませんが、巣ごもりの退屈しのぎに最適かも…。

挿し絵のイラスト(マンガ)を追うだけでも楽しめます

「どういう楽しさが待っているか?」をどうご紹介したものか…。言葉で表すことは、とても難しいです。。

本書で一番の特徴としては、取り上げられている項目はどれもこれも、非現実的でバカバカしい解決方法ばかりというところ。

ですが、バカバカしいけど「科学的には正しい(らしい)」という点。

だからこそ面白いというか、「そんな解決方法、考えたことも無かった」とニヤリとさせられ、「その手があったか!」と〝うっかり〟乗せられた挙げ句、「でも、その解決方法を選ぶと〝こんな結末〟が待っている」と落とされる!!

そんな快感というか、ある種の「清々しさ」とでもいいましょうか。

目次の一部(半分くらいww)をご紹介すると〝こんな感じ〟です。

目次の一部
『ハウ・トゥー バカバカしくて役に立たない暮らしの科学』目次より抜粋
【第1章】ものすごく高くジャンプするには
【第3章】穴を掘るには
【第5章】緊急着陸をするには
【第7章】引っ越すには
【第9章】溶岩の堀を作るには
【第13章】鬼ごっこをするには
【第14章】スキーをするには
【第16章】家に電気を調達するには(地球で)
【第17章】家に電気を調達するには(火星で)
【第18章】友だちをつくるには
【第19章】ファイルを送るには
【第20章】スマートフォンを充電するには(コンセントが見つからないときに)
【第21章】自撮りをするには
【第27章】約束の時間を守るには
【第28章(最終章)】この本を処分するには

…といった具合です。

並んでいる項目としては、ごく一部を除き、たしかに「How to(ハウツー)」です。けれども、その〝解決方法〟がぶっ飛んでいるのです。

※ちょっと気になったのですが、Amazonさんで検索して出てくる「単行本/ソフトカバー」の価格。実際の本は1,600円+税なのですが、どうして2,640円なのでしょう…。価格改定でもあったのでしょうか?

ハウ・トゥー バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

※この部分が気になったので、上記ご紹介においては「Kindle版(電子書籍版)」をどうぞ。。

「この本に書かれているいかなることも、ご家庭で試さないでください」は本気だと思う

〝ぶっ飛んでいる〟と言っても、著者は元NASAの技術者です。その権威を取り除いたとしても、科学的な根拠というか「思考実験」のプロセスがわかりやすく(かつ、面白おかしく)バッチリ記されています。再現しようと思えば、できなくもない…。

単なる仮説にとどまらず、再現のための手法も示されているということは、科学的には〝非の打ち所なし〟であるはずです。

〝しかし〟なのですが、「より高くジャンプする」ために、どこの世界に「山岳波(高い山にぶつかって巻き上がる風)やジェット気流を利用しよう!」と考える人がいるでしょうか。科学的には〝正しい〟にしても…。

あるいは、「スキーをするには」というハウツーのために、いったいどこの誰が〝ローラースケートを再発明〟するまで突き詰めて考えるでしょう。

さらには「自撮り」や「電気の調達(地球で)」とか「スマホの充電」、今や多くの人が日常的に行っているであろう「ファイル送信」です。

なんとも壮大な解決方法!

おそらく2時間もあれば読み終えてしまいそうですが、「することがない…」なんていうときにでも、ぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です