Stinger5の子テーマSIMPLESTAR(シンプレスター)から「SANGO」へのテーマ変更で手が止まりかけた箇所。

Wordpressテーマ「SANGO」

WordPressのテーマを「SANGO」に変えました。

実のところ、めったに行わないテーマ変更という作業ゆえ、手順や重要ポイントを思い出すことが「一番の苦労」だったりしたのでした…。

作業中に戸惑ってしまったこと、たとえば「なんだこれ?」「あれ? どうすれば??」「この設定はどこでするんだ!?」などと作業の手が止まってしまったポイントを記し、残しておこうと思います。

何しろ忘れっぽいジブンのためであるとともに、Wordpressで「テーマ変更を考えている」「テーマ変更作業中」という皆さまの役に立つような項目が、もしかして「一つでもあれば幸い」と思いつつ。。

テーマ変更作業の手順メモ

変更先のテーマが「SANGO」以外でも、概ね次のような手順となるはずと思います。テーマ変更作業自体は、そう難しい作業ではありません。大まかな変更作業の流れを、重要なポイントに絞って書き出してみます。

テーマ変更作業は、「テーマ変更/入れ替え」そのものの作業より、テーマ変更によって影響が現れる「あれこれの設定変更や、細かなカスタマイズが本番である!」と言えるかもしれません。

参考 SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマsaruwakakun.design/
STEP:1
バックアップ
定期的なバックアップはもちろん、Wordpress上で何か〝不可逆的な作業〟を行う前にはバックアップを取るのが吉。

バックアップには、「BackWPup」というプラグインが超便利。人気のプラグインですので、Web上の情報量も多く安心です。
参考 WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)saruwakakun.com

STEP:2
テーマ、子テーマのDLとインストール
SANGOには、カスタマイズ用の「子テーマ」も用意されていますので、忘れずにダウンロード(DL)及びインストール。

ここで「有効化ボタン」まで勢いよくクリックしてしまわないよう、呼吸を整えながら作業しましょう。

STEP:3
ライブプレビューで変更後の状況を把握
まずはWordpressの便利な機能「ライブプレビュー」で、テーマ適用後のシミュレートと確認を。
STEP:4
各種設定や必要なカスタマイズ作業
見映えを整えたりカスタマイズすることから、Anlyticsや広告設定など、あれこれ・こまごまありますよね! OGP用の画像とか、見えない部分も忘れずに!

できれば事前に、必要作業を「チェックリスト化」しておくと良いと思います。

STEP:5
テーマを有効化
「ライブプレビュー」で大きな問題が発生していなければ、あるいは、追加修正・カスタマイズ態勢(作業準備)? が整ったならば、いよいよ有効化。

有効化する際、ジブンは全プラグインを一度停止させました。

地味でめんどうな作業ではありますが、テーマ有効化後、継続して利用したいプラグインをひとつずつ有効化(ONに)していきました。このほうが、プラグインが原因で問題が発生した場合、問題を引き起こすプラグインを特定しやすいと考えたからです。

また、テーマを有効化してから気づく、要修正箇所が発生しているかもしれません。念入りな確認を!

今回選んだSANGOテーマは、問題やトラブルは何も「発生せず」でした。 素敵です。ジャパン・クオリティです!!

【※2019/09/10修正!】STEP:4と5、どう考えても順番が逆でしたので、慌てて入れ替えました!(現在の文面は「入れ替え(修正)後」の記事です。)

SANGOへの乗り換えで、作業の手が止まりかけた箇所、あれこれ悩んだポイント

非常にスムーズに進んだ「テーマ変更」でしたが、細かな設定段階になって「?」な箇所がいくつか出てきました。いずれも、上記のチャートでいえば「STEP:5」の段階です。

作業の手が止まるたびに、「あれ?」とか「くそー」なんていう美しくないコトバを吐きながら、あれこれ調べたり何度も画面やコードを見直したり…

けれどもこの状況は、決して「SANGO」に問題があったわけではありません。

めったに行わない「テーマ変更」という作業ゆえ、手順や重要ポイントをほぼ忘れてしまっていたジブンが原因です!

また、上記「STEP:4」のところで偉そうに「できれば事前に「チェックリスト化」しておくと…」と書きましたが、これは今回の「テーマ変更作業」における反省点の一つ。いわば、ジブン自身への戒めです。

「Table of Contents(TOC)」は、プラグインのCSS停止を!

日頃プラグインに頼り切っているジブン。なのに、この「プラグイン独自のCSSの停止」については、ほぼほぼ「認識の外」でした。

ゆえに、、
「目次のレイアウトがおかしなことになっている…」「これ、CSS書かないとダメなのかな?」
などと、解決に至るまで、ちょっとだけ遠回りしてしまったのでした。

しかし、ここを何とかしなければ「Table Of Contents+(Table Of Contents Plus)/TOC+」で表示させている「目次」のレイアウトが崩れたままになってしまいます。実際、そうしたサイトをいくつか目にしました。。…直してあげたい!

教訓としては、「SANGOカスタマイズガイドに、ちゃんと目を通しましょう!」という、当然すぎるくらい当然の結論。

詳しくは、下記「SANGOカスタマイズガイド」の該当ページを丁寧に追いながら設定を!

参考 目次プラグイン「TOC+」の設定方法saruwakakun.com

アイキャッチを表示させていなかった場合は、画像の重複掲載に注意

ジブンがこれまで利用していたテーマでは、個別の投稿記事にアイキャッチ画像は「表示しない」スタイルでした。

ゆえに、投稿記事のメイン画像としてアップロードしたアイキャッチ画像を、改めて各投稿記事内の一番目の画像として読み込んでいたのでした。

ところがSANGOでは、アイキャッチ画像が投稿記事内に表示され、そこに「SHARE」用のボタンがオーバーレイされます。せっかくのこの機能、楽ちんですので残しておきたい。でも、同じ画像(アイキャッチ画像)が重複して表示されるのは避けたい。

とりあえずは、人気記事以外の重複表示には目をつぶることにしたのでした。。

「アイキャッチ画像を投稿本文に表示しない」というのはテーマのデフォルト設定だったのか、あるいは自ら設定したのか。。調べたらすぐにわかると思いますが、今さら調べてみたところでアレですので調査は省略…。

テーマがSANGOに変わってみると、「ありゃ! 同じ画像がカブってる…」「これはウザイ」などと。。

とりあえずアクセスが多い記事については、同じ画像が重複しないよう慌てて修正、更新。でも、まだまだ〝画像重複記事〟が残っている状況です。今後、地道にコツコツ、対策していこうと思っています。。

Google AnalyticsのトラッキングID入力を忘れずに

これ、ジブン、すっかり忘れていたのでした。。「Analyticsは、最初に設定しておけばオッケー」という安易な先入観がもたらした災厄です。皆さま、ご注意を!

おかげでジブンは半日分、正確には16時間分は「データ取れず」という状況に。。

ほか

なんか、もっと気づいたことがあったような…

思い出したらまた、「Wordpressテーマ変更作業時の注意点」みたいなエントリーをしてみようと思います!

かゆいところ・痛いところにまで目を配ってくれているWordpressテーマ「SANGO」

参考 SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマsaruwakakun.design/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です