15時ころに。

気分は15時。昼でも夕方でもなく、どこか宙ぶらりん。。そんな気分を転換するために立ち上げたブログです。

通勤自転車のハンドルグリップを「TIOGA(タイオガ) Acentia Eグリップ ロング」に交換。

      2018/08/07

Pocket
LINEで送る

TIOGA Acentia Eグリップ 商品構成

TIOGA Acentia Eグリップ 商品構成
(Photo:Canon EOS 7D+EFS24mm)

こんにちは!

風邪をひいてしまってからというもの、慌ただしい毎日が続いてしまい、気がつけば6月も下旬。時間の進みが早すぎます。

夏季の愛車、クロスバイクのグリップがツルツルだったので、エルゴノミックなグリップに交換

ジブンは、夏季は自転車を愛車としています。必要な時はクルマを使いますが、なるべく自転車を使うよう心掛けています。フリーランスとなる以前、会社員時代からですから、かれこれ…。

エコや節約、健康とか、そういった方面への思いも少しはありますが、主には「自由さ」とか「気ままさ」が気に入って自転車での移動を続けています。

こんなこともしやすいですし!

現在の愛車は、自転車通勤・移動をするようになってたぶん4台目。趣味のロードバイクとは別に、通勤専用として購入したクロスバイクで、「オシャレバイク」などと称されることがあるLouis Garneau(ルイガノ)製です。(ちなみに、現在所有しているロードバイクはGIANT製です。)

「オシャレバイク」ではありますが、ジブンはコスパに惹かれたことが一番の購入動機だったのでした。

アルミ製フレームに、MTB系としてはそこそこクラスのコンポ(廉価版クラスではない)「SHIMANO DEORE」が付いてくるのに、お値段は、他メーカー製同程度クラス完組車の7割程度。ロードでいえばTIAGRA相当が付いてくるイメージでしょうか。無理矢理感はありますが、カメラでいうなら「EOS Kiss X7にEF24-70mm F4L IS USMが付いてきて、お値段はレンズ分のみ」みたいな感じかなぁ…。

しかし、最近のLouis Garneau(ルイガノ)サイトで製品情報を見ると、ここまでコスパに優れた製品は無くなってしまったようで残念です。

何やら脱線しつつあるので、本題に戻ります。

TIOGA E GRIP Acentia ロングというグリップに交換しました。

TIOGA Acentia Eグリップ ロング(122mm)

TIOGA Acentia Eグリップ ロング(122mm)
(Photo:Canon EOS 7D + EFS24mm)

いわゆる「エルゴノミック・グリップ」というタイプです。実は、初めてのエルゴノミック体験となりました。

きちんと、ジブンのライディング・ポジションと手の置き場所に合わせてセッティングを詰めていくと、とても良いフィーリングです。

エルゴノミック特有の出っ張り?を有効に活用するには、手のひら・薬指+小指側つけ根のふくらみを支えてくれるポジション(角度)に合わせるのがポイントのようです。これは、納得がゆくまで、しつこいくらいに調整すると良いと思います。

そうすることによって、これまでフロントフォークから直に手のひら→脳天まで伝わってきた振動が、体感50%以下になります。手首や肩の力を必要以上にスタンバイさせておく必要がなくなったように感じています。

エルゴノミックって、すごいですね!

ハンドル径にさえ合っていれば取り付けはあっという間

ステムもTIOGA製

実はステムもTIOGA製に換装済みです。TIOGA AL Nine(ALナイン HBN09300)という製品を使っています。ハンドル周りのTIOGA率高しです。

クロスバイクのハンドル径で一般的なのは、25.4mmでしょうか。ハンドル径とTIOGA E GRIP Acentia ロングのサイズを間違ってさえいなければ、さらには工具さえ揃っていれば、左右両側グリップの交換に10分もかからないと思います。

ジブンの場合、グリップ端のキャップの取り外し/取り付けに、ちょっとだけコツというか気遣いが必要でしたが、それ以外はとてもスムーズに作業できました。

グリップ端のキャップの取り外し/取り付けは、本体側(取り付けられる側)を少し押しひろげるイメージで作業してあげることで、プチッと外れ、そしてプチッとはまってくれます。「少し押しひろげて」というのがコツだと思います。

必要工具は…

ご自身でグリップ交換に挑もうという方であれば、恐らく不足することはないはずです。

必要となるのは、3mmのアーレンキー(六角レンチ)とプラスドライバーです。

TIOGA E GRIP Acentia ロングの使用感は…

TIOGA E GRIP Acentia ロング装着

撮影環境(背景)イマイチですが、TIOGA E GRIP Acentia ロング(122mm)装着後はこんな感じ

どちらかというと、硬質なゴム感そのものといった感覚です。

手のひらや握り込んだ指の腹に当たる部分がヒダ状に加工されていますので、握り心地はやさしい感触。でも、まだ交換後2回ほどしか乗っていません。使用感については、もう少し試してから、改めて記事にしようと思います。

2回ほど試して気になったことは、何となく手のひらに残る「油感」でした。製造工程と製品保護に必要な油分なのではないか?と推測。

ということは、使い続けた際、紫外線や温度変化、あるいは汗によって「何か変化があるのか?」といった点が気になるところです。ベタベタに溶けたり、妙に粘つくグリップがあったりしますが、このTIOGA E GRIP Acentia ロングはどのように変化(劣化)していくのか、今後見極めていこうと思います。

Pocket
LINEで送る

 - @札幌/北海道

Adsense_1

Adsense_1

  関連記事

日本国内産玉ねぎの5割は北海道産だそうです!
北海道の台風被害の影響が全国に波及。タマネギ、ジャガイモ、カラムーチョまで。

こんにちは。 どうにも気になってしまって、書かずにはいられず、ここのところ、北海 …

ツールド北海道2015ステージ3_ゴール前50mの集団
ツール・ド・北海道2015 第3ステージのゴール前と表彰式が面白かった!

こんにちは! 2015年9月13日(日)の札幌は朝から小雨が降り続いていましたが …

暖かい陽射しを受けて膨らむ札幌の桜のつぼみ
九州熊本の地震と札幌の桜と。

こんにちは。 今日(2016/04/21/thu)の札幌は、数日ぶりに気持ち良い …

なぜブログ!?
なぜ、今さらブログを!?

「何度めか」となるブログ開始の理由は、順を追って話しはじめるとすごく長くなってし …

2016年5月撮影の月。ウサギが見えるような…
2016年「十五夜」「中秋の名月」は9月15日(木)で、満月は17日(土)と。

こんにちは! 札幌はすっかり秋の装い。夜から明け方にかけては気温20度を下回るよ …

シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』2016_10_07公開
映画『ジェイソン・ボーン』がマット・デイモン主演で2016年10月7日に帰ってくる!

こんにちは。 「ボーンシリーズ」最新作となる映画『ジェイソン・ボーン』が、この1 …

豊平川のカモメ
豊平川でカモメ撮影に挑戦。札幌市在住のカモメ、着実に増えていると思いませんか!?

こんにちは! 札幌市内中心部にほど近い事務所で(うっかり…)徹夜作業した朝など、 …

フリーランスゆえ、自分への値付け、見積もり作業は難行…
フリーランスで仕事をしていると、見積もりという「自分への値付け」に難しさを感じます。

こんにちは! 寝かせている書きかけ記事を放置、書きやすい記事に逃げ込むことにしま …

Niseko_Shinsennuma2014Late_autumn-4
錦秋(晩秋)の季節に、「ニセコ神仙沼」方面にドライブや旅行をするなら、ぜひ「温泉三昧」を!

こんにちは! 日曜午後のひととき、札幌は雷雨のち陽射しという、とても複雑な天候に …

F2.8のまま撮ってしまった!
クルマとカメラ

こんにちは! Yahoo!ニュースのヘッドラインに並んでいましたので、ご覧になっ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です